早いもので、マイケル・ジャクソンが亡くなってから既に1年以上がすぎている。

昨年話題となったドキュメンタリー映画「THIS IS IT」のDVDをツタヤで借りたので見てみた。

今までマイケルの踊っている映像はあまりじっくり見たことがなかったのだけど、今回見てみてやはりマイケル・ジャクソンという人はスーパースターだったんだなあという印象を受けた。
しかも、あの動きで50歳だったの?というくらい格好良かった。

きっと「THIS IS IT」のツアーが実現していれば大成功となったことだろうな。
マイケルが亡くなったのは本当に残念なことだけど、もしかしたらこれが彼の宿命だったのかなあという気もした。

もし、マイケルが生きていたら、きっと「THIS IS IT」のツアーの大成功で再び世界中から騒がれただろう。
そうすると、マイケルの成功に群がるハイエナがどっと集まり、結局また面倒な問題に巻き込まれたんじゃないだろうか。

「THIS IS IT」は未完成で終わってしまった。
しかし、それがスーパースターの宿命であり、未完成だからこそいつまでも世界中の人の心の中にマイケルが生き続けるんじゃないだろうか。

そんな気がした。

新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書

新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書

価格:1,995円(税込、送料別)