封筒の封じ目用に「緘」(かん)のスタンプを購入した

見積書、納品書、請求書などを封筒に入れて送るときに、封じ目には何も書かずに送っていた。

別にそれでもいいのだろうけど、封じ目にさらっと〆と書かれていると格好いいなあと思っていた。
俺も本当は封筒の後ろに手書きで〆を書きたいのだけど、どうも手先が不器用でなんかうまく書けない。
書けば書くほど変な気がしてきちゃうんだよね。

たまに「緘」というスタンプ印が押された封筒を受け取ることもあったのでこれは何だろうかと調べてみた。
「緘」は「かん」と読むそうで、〆と同じように封じ目に書いて途中で誰かが開けていないかを確認できるために書くそうだ。

スタンプなら簡単だ!ということで早速購入してみた。

俺の勝手なイメージだが、なんか「緘」という字は実直な印象を受ける。

試し押しをしてみた。

ちょっと気合いを入れて押しすぎたら、にじんでしまった・・・

よしっ、これからは「緘」でいこう!