最近は、家で印刷するときは、モノクロのレーザープリンタがメインとなっている。
もともとレーザープリンタを購入したのは、それまで使っていたインクジェットのキャノンPIXUS MP700が印刷できなくなったのがきっかけだった。
しかし、その後、しばらく期間を空けてからMP700を使ったらとりあえず印刷できるようにはなっていたので、たまにカラー印刷をするときに使っていた。

昨日、甥っ子と2人で区民農園に出かけ、甥っ子の写真やらビデオ撮影やらをiPhone4でやってみた。
家に帰ってビデオはDVDに焼いて普通のDVDプレーヤーで見れるようにして、写真はMP700でL版の紙に印刷したりしてみた。
それを甥っ子に渡したら、思いのほか喜んでいたので、また今後も写真撮影してMP700で印刷してやろうかと思っていた。

ところが、今日試しにMP700で他の写真をカラー印刷してみると色がおかしい。
インクを交換しても直らない。
昨日まではきれいに印刷できてたのに・・・

仕方がないので、最終手段としてプリンタヘッドをお湯づけすることにした。

お湯づけは、今年の1月に角形2号封筒を印刷させるために使ったら裏技だ。
生き返ったPM-3000C

お湯づけのおかげでPM-3000Cは見事復活した!
MP700もとっくに保証は切れているので、自己責任でMP700のプリンタヘッドもお湯づけを試してみることにした。

納豆のパックがちょうど大きさ的にちょうど良かったので使ってみた。
写真は7、8回お湯を替えた後なので、だいぶお湯の色が薄いけど、はじめの数回は驚くほどインクが溶けて真っ黒(紺色?)になっていた。

寝る前にお湯から出して乾かしてみようと思う。
うまくいくといいのだが。

ところで、テープ起こしの仕事のほうだが、今日は午前中に1件納品。
明日も午前中に1件納品して手持ちがなくなると思っていたのだけど、夜になってから数カ月前のお客様からのリピート発注があった!
4月後半からだいぶ仕事がいい感じに入ってきている。

7月の地デジ移行までには、なんとか俺も地デジチューナーを手に入れなければならない。
できれば、地デジチューナー付きの録画機を購入したいので、テープ起こしでどんどん稼いでいきたいと思う。
ここまで我が家の地デジ化が遅れるということは想定外だったな・・・