昨年からレッツノートCF-R3のハードディスクからSSDに換装したいと思っていたのだが、ようやく今日実現することができた!

使ったSSDはCFDのCSSD-PNM64WJ2という64GBのSSDだ。

このSSDのいいところは、トランセンドのTS64GSSD25-MをCF-R3に換装するときのようなピンを折ったりするなどの加工が必要ないことだろう。
実際に俺が今回ケーブルやピンの加工を全くしないで、HDDからSSDに換えただけで普通に起動することができた。

これが、パッケージからCSSD-PNM64WJ2を取り出したところ。

そして、これがIDEとUSBの変換アダプタを使って、SSDとCF-R3をつなげたところ。

OS丸ごとのデータのコピーはEASEUS Partition Masterというフリーのソフトを使用した。
このソフトのWizardにある「Copy disk wizard」を実行してコピーした。

ここまでは順調に進んだ・・・

データのコピーまでは簡単だったのだけど、実際にCF-R3を分解してHDDからSSDを換装するまでが結構大変だった。
ネジが小さいし、多いんだよな(ノД`)

YouTubeにあるこの動画を見なければ、とてもじゃないけど換装することはできなかった。
動画をアップしてくれた方に心から感謝したいと思う。

わからないところは、何度も繰り返し再生しながら、慎重に作業を進めた。
後半のほうで、1本だけネジ穴がゆるくなってしまい、分解を続行するのは無理かと絶望しかけたのだけど、なんとか外すことができた。

デスクトップのパソコンやCF-R3以外のノートパソコンを過去に何度も分解した経験はあったのだけど、今回のCF-R3ぐらいやりづらかったのはなかった。
上記の動画のコメントを読む限りだと、最近のレッツノートのモデルはもっと簡単に換装できるような設計になってるらしい。

まあ、換装には結構苦労したが、苦労した甲斐があるくらい、今までのHDDと比べて動作が軽快となった。
メモリは購入時に512MBを増設していたので、計768MBある。

これなら当分CF-R3を使うことができそうだ。
最近は起動が遅いのがネックで使う機会が激減していたが、これからはもっとCF-R3を大事に使っていきたいと思う。