数日前に、ベランダにある120Lタライで飼っていた金魚のうちの2匹が死んでしまった。
そのタライでは和金6匹を飼っていたのだけど、金魚自体もまだそれほど大きくもない。
猛暑で水温はかなり上がるだろうけど、タライ自体はかなり大きいので大丈夫だろうと思っていた。

が、朝ベランダをのぞいてみると、金魚が2匹浮かんでいた・・・

やっぱり水がゆだって死んでしまったのかな?

などと思い、ネットで金魚の夏対策のページなどでいろいろ調べてみたのだけど、もしかしたらタライの温度が上がってしまったために、ゆだって死んでしまったわけではなく、水温上昇によって酸欠不足になって死んでしまったのかもしれない。

その後、部屋の中のエアーポンプからチューブをのばして、ベランダのタライにエアレーションするようにしている。

元気のなかった残りの4匹の金魚たちは、割と元気になってきたような気がする。