今日もそろそろ終わりだ。
毎日があっという間に過ぎていく。

今日は便利なフリーソフトを見つけた。

ワード検索野郎

これはマイクロソフトのWordで作ったファイルの文字列を検索してくれるGREPツール。
フォルダやサブフォルダの中も検索してくれる。

WindowsXPに標準で装備されている検索の機能でも、複数のワードのファイルからある文字列を検索するということもできるのだけど、該当するファイル名しかわからないので、検索した文字列が何行目にあるかなどはわからない。
「ワード検索野郎」は行数もわかるし、検索にヒットした行も一覧で表示される。

テープ起こしの原稿はテキストファイルのときもあるのだけど、9割9分くらいはワードのファイルで納品している。
お客様に納品する原稿が複数ファイルあるときで、ある文字列をチェックしたいというときもたまにある。

今まではWindowsの検索機能で検索してヒットしたワードのファイルを開いてから、さらにワードの機能で検索していたのだけど、これからは「ワード検索野郎」が活躍してくれそうだ。