現在、レンタルサーバーの整理中。
無駄に分散させていたレンタルサーバーを1つに集約しようとしているのだけど、不要なブログなんかもどんどん削除している。

その中の1つに禁煙日記があったのだけど、それもほとんど更新していないので削除するつもり。
だけど、そのブログを削除すると、自分がいつから禁煙しているか忘れそうなので、ここのブログに禁煙についての記事を残しておくこととする。

俺がタバコを吸い始めたのは、20歳のとき。
大学の飲み会で隣に座っていた人にすすめられて、20歳になったからタバコを吸ってもいいんだと思い、試しに1本吸ってみたらおいしかったので、それからずっと吸っていた。

1日に吸う本数は、多くてもだいたい1日1箱程度だった。
本数が増えたのは、25歳のときにパソコンのプログラマーの仕事を始めてからだと思う。その後、徐々に本数が増えて、禁煙を始める前の最後の数年間は1日3箱吸うことも多かった。

2005年3月末、32歳のときに所属していた会社が潰れ、半年くらいの無職生活を送る。
生活費を少しでも節約するために禁煙を始める。
そのときのタバコの値段がいくらだったか忘れたが、1日3箱を1カ月吸えば、だいたい2万円ぐらいだった思う。
性格的に減煙は無理だと思ったので、完全禁煙することを決意する。
禁煙3日目ぐらいまでは、髪の毛が全部白髪になるんじゃないかと思うくらい苦しかったのを覚えている(白髪にはならなかったが・・・)。
1回目の禁煙を始めた正確な月を覚えていないので、年齢はギリギリ32歳だったか、5月に33歳になった後だったかはわからない。
とりあえず禁煙半年は達成したような気がする。

※1回目の禁煙
2005年の4~8月ごろから、2005年の12月後半まで

2005年10月ごろにサラリーマンとして新しい会社に入社するが、年末に近づいたころ、過度のストレスのためにタバコをまた吸い始める。
それから2~3週間くらいは浴びるようにタバコを吸うが、年明けの1月中旬くらいからまた禁煙を開始する。

※2回目の禁煙
2006年の1月中旬から、2012年7月現在継続中

2回目の禁煙以降、一切タバコは吸っていないが、定期的に訪れるタバコを吸いたい欲求は長いこと続いた。
脳がタバコを吸ったときの快感を覚えているようで、タバコを吸ったときのうまさはずっと頭に残っていた。
しかし禁煙丸6年となった今年2012年の1月に、いつの間にかタバコを吸ったときの快感が頭の中から消えていることに気づく。

禁煙7年目は、一度もタバコを吸いたいという気にはなってない。

でも、80歳になったらまたタバコを吸おうと思っている。