しばらく使っていなかったVAIOのノートPCを引っ張り出してきた。
型番はPCG-GRS500だ。

PCG-GRS500 主な仕様

モバイルCeleron1.7GHzを搭載し、標準メモリの256MBに512MBを増設して768MBにしてある。
それほど俺は重いソフトを使わないので、はっきりいってまだまだ使えるスペックだ。
液晶も15インチあり、俺にとってはなんの不満もない。

が、・・・・・。

熱に弱い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

快適に1、2年ほど使っていたら、768MBあるメモリが256MBしか認識しなかったり、やっぱりちゃんと認識してくれたり。
そうかと思うと、ノートパソコンを使っている途中でいきなり電源が切れたり・・・・・。
なんでだろと思って調べていたらどうやらCPUの熱暴走のせいらしい。
メモリを認識してくれなくなるのもCPUに近いほうのメモリが熱くなると認識しないようだ。
(メモリを入れ換えて試してみた。)

たしかに起動したばかりのときは普通に使える。

ストレスを抱えながらも使っていると、だんだん起動した後に電源がすぐ切れるようになってきた。

仕方がなくキーボード部分を分解して、CPUの冷却ファンを掃除してみると少し状態が良くなったが、それでも不安定だった。

最終手段として冷却ファンつきのノートパソコン冷却台を購入した。
hi3a0018

これでしばらく使えるようになったのだが、それでもしばらく使っていると不安定になってしまった。
使っていると真ん中から左上付近にかけて(裏側から見たとき)異様に熱くなるのだ。
この熱さを冷やすには上の冷却ファンでは弱すぎるのだ。
(パナソニックのレッツノート(CF-R3)を冷やすにはちょうど良かった。)

ということでこの1年近くPCG-GRS500をほとんど使っていなかったのだ。
が、やはりもったいないので、このPCG-GRS500を使いたくなってきた。
どうにかできないかと昨夜の夜から今朝の明け方(AM4時過ぎ)まで調べたりして最終的にたどりついた考えは、

NCLA4PSV(左)とSX-A402(右)の組み合わせだっ!!
090504_16070001

NCLA4PSVはアルミ素材のプレート。
その上に冷却ゲルを使用している冷却シートSX-A402をのっけるのだ。
NCLA4PSVには底がデコボコでも大丈夫なように熱伝導用の板が付いているそうなのだが、ゲル状シートなら熱伝導自体もできるだろうし、そのシート自体も冷却してくれる。

で、本日早速秋葉原に行ってきたのだ。

アルミ台についてはいい印象がある。
以前「とーけるぷれーと」というアルミ台を使っていたことがあったのだが、けっこう冷却効果が高かった。

「とーけるぷれーと」を紹介しているブログ

その後、ノートパソコンを使っていないときに人にあげてしまった。
また買いたいと思い、色々調べたのだが、今は売っていないようだ。

ただ、「とーけるぷれーと」を使っていたのは5年ほど前だった。
今のノートパソコンはもっと熱いだろうから、間にゲル状シートをどうかと思ったのだ。

話を戻し、NCLA4PSVとSX-A402を袋から出すとこんな感じだ。
hi3a0015
上がゲル状冷却シートSX-A402、下がアルミ素材の冷却プレートNCLA4PSV

冷却プレートNCLA4PSVに付属している熱伝導用の板はこれ
hi3a0017

プレート台の上に冷却シートを載せ、その上にPCG-GRS500を載せたところ
hi3a0016

ゲル状冷却シートを載せると少しグラグラするのだが、パソコンの底面に隙間をつくるための爪を立てれば安定する。
hi3a0027

この状態でパソコンを起動してウィルススキャンを2時間程度実行した。
(CPU使用率はだいたい7o%~100%の間)

で、全然大丈夫!!!

ノートパソコンの裏を触っても熱いというほどでもない。
ちょっとあったかいくらい。

やはりこの組み合わせは完璧かもしれない。
もしかしたらどちらか1つでも効果があるのかもしれないが、少なくても2つを組み合わせると長時間使用は問題なさそうだ。

PCG-GRS500は我が家の現役マシンとして昇格させることにした。

俺は秋葉原のヨドバシカメラで購入したが、調べたら楽天でも売っていた。

■アルミ素材の冷却プレート

ゲットプラス楽天市場店NCLA4PSV 【高性能化学式ノートクーラー A4】 : アーベル

■ゲル状冷却シート

ゲットプラス楽天市場店SX-A402 ノートパソコン冷却シート[A4ノートPC対応] : エレコム

■我が家のパナソニックのレッツノート(CF-R3)で使用している冷却台。

シグマAPO トリプルファン ノートブック クーラー [USB] 《ホワイト》 (LTC3FWH)