今年の5月末に水耕栽培用のハイポニカ液肥500mlを購入したのだが、そろそろなくなってきた。

この液肥は取り扱いがとても簡単で、A液、B液の2本で1セットとなっている。水耕栽培用に液肥を使うときは、各溶液6cc(キャップ1杯分)を3リットルの水に薄めて混ぜるだけ。

俺の場合は、約10L分のウォータージャグに、9L分のハイポニカ溶液を作り置きして使うようにしている。最初はペットボトルに溶液を作るようにしていたのだが、それだと結構面倒だった。ウォータージャグだを使うようになってから溶液を作るのが非常に楽になった。

ベランダにあるホースでウォータージャグに9Lの水を入れて、あとは液肥を入れて混ぜるだけ。溶液を使うときは、蛇口から溶液を出してジョウロやペットボトルに入れて使っている。

俺はカインズホームでウォータージャグを購入したが、楽天などで探せば同じようなウォータージャグはたくさん見つかる。

新しいハイポニカ液肥を昨日注文したのだが、育てる野菜の量も増えてきているので今回は500mlより大きい1000mlのハイポニカ液肥を注文してみた。

一軒家で広い庭がある家なら土で野菜を育てたほうが楽しいだろうが、俺のようにマンション住まいで狭いベランダがない場合だと、プランターに土を入れて育てても大した量は育てられないし、土の扱いがなかなか面倒。水耕栽培だとベランダの狭いスペースで簡単に野菜を育てられるので、この方法が俺には合ってるようだ。