2カ月ほど前に、ある方からハードディスクを外したレッツノートCF-W7Dをいただいた。そのCF-W7Dに使っていなかったSSDを取り付けて、Windows8 Release Previewをインストールして使っていた。

CF-W7DにWindows8の評価版を

2カ月ほど使ってみて特に問題もなかったので、数日前にWindows8 Proにアップグレードしてみた。

今はキャンペーン中なので3,300円と激安価格でのアップグレード版をダウンロードすることができる。

このアップグレードは、XP、Vista、7が対象だというのは知っていたんだけど、どうも評価版のWindows8 Release Previewもアップグレードできるらしいというのは、いろいろなサイトからの情報を見て知っていた。だけど、アップグレード版のダウンロードページには、そのことがきちんと明記されていないから、本当に大丈夫なのか少し心配だったんだよね。

が、数日前にWindows8のアップグレード版のダウンロードページを見てみると、システム要件の中にしっかりと「または Windows 8 Release Preview を実行している PC が必要です。」と書いてあった。

windows8_1

windows8

前に見たときは書いてなかったような気がするのだが、俺の気のせいだったのか?まあとにかくこれで、気持ちよくお金を払って評価版からProにアップグレードすることができた。

Windows8は、最初のスタート画面のUIの部分がタッチパネルを意識したつくりになっていて、パソコンからだとやや使いづらい。が、そのスタート画面からすぐに今までのようなデスクトップ画面に移動することはできるので、それほど不自由は感じていない。

Windows8で気に入ったところは、起動時の速さ。CF-W7Dにハードディスクの代わりにSSDを載せて動かしてるからというのもあるだろうが、とにかく速い。俺のCF-W7Dの使い方は、食事をするテーブルに普段ずっと置いていて、朝昼晩の食事のときだけ使うようにしている。食事をするときにパッと起動して、食事をしながらネットサーフィンするのには非常に使い勝手がいい。