今日、区民農園で畝を作ろうとしたのだが、出かける前に図書館から借りたNHK趣味の園芸「旨い!楽しい!納得!野菜づくり」を読んでいると「天地返し」という言葉が目に付いた。
またまた聞いたことのない言葉。

なんだろうと読んでみると、市民農園ではどうしても連作障害が起こりやすい。
(連作障害とは同じ場所で何度も同じ種類の作物を育てているとうまく成長してくれない障害のこと。)
そういうときは「下の土」と「上の土」を入れ替えると連作障害対策になるとのこと。
他にもいくつか連作障害対策について載っていたが、天地返しが今の俺には簡単にできそうなのでやってみることにした。

1.畑の初期状態 ポツポツ雑草が生えているくらい
畑初期状態

2.「上の土」をどかす
上の土をどかす

3.「下の土」をどかす
下の土をどかす

4.「上の土」を先に埋め、その上に「下の土」をかぶせる
5.1~4を他の場所で繰り返す

文字で書くとたったこれだけのことだが、実際はめちゃくちゃ疲れた・・・
(写真でもいまいち土の高さが表現できていない・・・結構、こんもりしていたよ・・・)
1区画の畑も広いわけではないので、掘り起こした土を置く場所にも困った。

途中で近くの区画にいる老夫婦に話しかけられる。
大変そうだねー。ここまでやってる人は周りにもいないよ。
聞いてみると、区民農園は何度か借りているとのこと。
この人たちは天地返しはしてなさそう。

しばらく聞いていると、どうやら始めに「クド(?)石灰」なるものを撒いたほうがいいらしい。
酸性雨のため畑が酸性になるため石灰で中和したほうがいいらしい。
石灰は粒のものだと撒いてから1週間から10日くらい放っておかないといけないが、粉のものだと2,3日でいいらしい。
それとキュウリやトマトの苗は「ツギキ」のものを選んだほうが、丈夫らしい。
帰りに近所のドイトに行ってみよう。

その後、作業を再開し、時計を良く見てなかったのだが、合計2,3時間はやっていたように思う。
せっかく接骨院に通って治りつつある腰もまた痛い・・・

結局、今日は全部できなかった・・・半分だけ
半分だけ天地返し

帰りに接骨院に行った。
腰もだいぶ復活し、ドイトに行く。

まずは、「クド石灰」・・・
苦土石灰
2袋購入した。
「クド石灰」は「苦土石灰」と書くようだ。

その後、接木(ツギキ)の苗を見てみる。
苗の近くにある説明を読むとどうやら接木の苗は連作にも強いらしい。
ということは、これを買えば天地返ししなくてもいいんじゃ・・・・

もしかしたら、あの老夫婦も一生懸命天地返ししている俺に「ムダだよ」とはかわいそうで言えなくてヒントだけでも教えてくれたのかも。

残りの天地返し止めようかな。
でもせっかくここまでやったから残りもやろうか・・・。
とりあえず、明日どっちみち石灰を撒きに行くから、そのときの気分で天地返しするかどうか決めよう!