今年の7月に購入した、ブラザーのインクジェットプリンターは、なかなか気に入っている。PRIVIO DCP-J940N-ECOというA4サイズのプリンターなのだが、両面印刷の機能が付いている。今まで両面印刷ができるプリンターは使ったことがなかったのだが、A4のモノクロの資料の両面印刷なんかは、すぐに印刷できてしまう。

今年度はマンションの管理組合の理事長になってしまい、資料を印刷することも多いので、このDCP-J940N-ECOが大活躍している。

無線LANに対応してるので、USBケーブルでごちゃごちゃしないというのも気に入っている。俺はDCP-J940N-ECOの他に、リコーのモノクロレーザープリンターとエプソンのインクジェットプリンターも使っているのだが、この2台は無線LAN非対応。パソコンから離れたところにプリンターを置きたい場合には、無線LAN対応というのは結構うれしい機能だと思う。

インクは互換性のインクを使っている。ブラザーのインクは、純正品でも量が多くて安いほうなのだが、やっぱり互換インクのほうがかなり安い。DCP-J940N-ECOのインクは、黒のみ顔料インクを使用して、シアン、マゼンタ、イエローは染料インクとなっている。俺が買っている互換インクは、ブラザーの純正品と同様に黒のみが顔料インクとなっているものを使っている。

L版の写真印刷は、標準画質で印刷すると若干いまいちという感じがするが、最高画質で印刷すれば十分だと思う。

互換インクの認識エラーもなく使えているので、今後も互換インクを使っていく予定だ。