ゴールデンウィーク明けに仕事のほうで動きがあるかと思っていたが、寂しい週となっている。

動きが出てくるのは来週からかな。

収入を安定させるために今月から深夜のバイトを始めようと思っているのだが、狙っていたところは既に埋まってしまったため、こちらのほうも来週から本格的に動くことになりそうだ。

うーん、苦しい。

今週末もこの苦しさを抱え込んでいるのはきついと思い、気を紛らわすために出かけることにした。

スーパー銭湯にでも行くかな、博物館にでも行くかなといろいろ迷っていたところ、ふと「パチンコ」という言葉が浮かんできた。

パチンコは若いころに結構はまっていて、それなりの金額をパチンコ銀行に預けたままになっている。

いつかは引き出そうと思ってつぎ込んでいたけど、やっぱり無理だと諦めたのが30歳前後のとき。

熱くなりやすい俺にはギャンブルは向いていないと悟り、パチンコを卒業してから10年以上が過ぎていた。

それからは全く「パチンコ」という文字が頭に浮かぶことはなかったのだが、なぜか今日になってそのワードが浮かんできた。

悪魔のささやき。

いかんいかん、せっかくやめることができたんだから、そんなバカなことはやるべきではないよという天使の言葉があった。

モヤモヤした気持ちのままで週末を過ごすのかい?来週から深夜のバイトを必死になって探すんだろう?駄目元で3千円ぐらい勝負したらいいんじゃないですか?悪魔の言葉はこうだった。

そして天使と悪魔のディベートの結果、悪魔の判定勝ちとなってしまった。あらら・・・。

悪魔の言葉通り3千円使って駄目だったら静かに週末を過ごそうと思いつつ、近所の少し人通りが多いところにあるパチンコ店へ向かった。

午前10時半開始。

以前やったことのある海物語シリーズの沖縄バージョンの台があったので座ってみた。入った時点で出してる人が少なかったので、もし店内で出したら一番目立ちそうだと思った席を選んでみた。

それにしても10年以上もパチンコ店に入ってなかったので、なかなかの浦島太郎状態。

まず玉の出し方がわからない・・・。

店員に聞きつつオドオドしながら玉を出して打っていたところ、急に全員の台が同時に光り始める。以前と比べると演出が華やかになり、全ての台がチャンスモードになる仕掛けのようだ。

最初の千円が終わるころにリーチがかかり、あっさり7でフィーバーとなった。

やったー、確変!!!

玉がドンドン出てくるところで、またオドオド。

最近のパチンコ店では玉が出たら箱を横に積むのではなく、出た玉をまた箱の下から吸収して出玉をカウントしてくれるようだ。

本当に10年前とは大違い。

そして何がなんだかわからぬまま、15連チャンしてしまった・・・。以前パチンコをやっていたときも15連チャンなんて滅多になかったんだけどな。

連チャン終了時の出玉は約2万個で、以前のパチンコと比べると少ない。

最近のパチンコは連チャンする割には出玉は少ないし、ひょっとすると換金率も悪いのかな。以前は2.5円のところが多かったけど、2円ぐらいだったりして。下手すると、出す代わりに1.5円ぐらいだったりな。1.5円だったら2万個で3万円だから、まあラッキーと思ってやめるかな。

なんてことを考えながら、店員のお姉ちゃんにこっそり聞いてみたところ、驚くことに等価交換ということだった。

つーことは、1個4円で2万個だったら8万円!!!

目が点になってしまい、一気にアドレナリンが頭の中を駆け巡る。教えてくれた姉ちゃんにお礼を言ったかも覚えていない。

うーん、即やめか1万円くらい突っ込んでからやめるかと、ぼんやり考えながら1万円弱ぐらい突っ込んだところで、再度8連チャン。

10万円超えとなってしまった。

その時点で午後3時を過ぎていた。再度の連チャン後は、何となく悪い流れになっていた。
夜まで粘れば、もしかしたらもう1、2回ぐらい連チャンの波は来るかもしれないが、10万がどんどん少なくなっていく精神的プレッシャーに耐えられそうもなかったので、連チャン後に少し回して終了した。

換金したら10万5千円と余り玉でセブンスター1個を交換できた。

投資額1千円を引くと、儲けは10万4千円+セブンスター1個。

これだけあれば、とりあえずは週末を安らかな気持ちで過ごせそうだ。

この金はあぶく銭と割り切り、今後はもうパチンコをするのはやめとこう。

来週から深夜のバイトを必死になって探すことにしよう。