俺が鳥獣戯画を知ったのは小学生のとき。切手を集めるのが趣味で、たまたま鳥獣戯画の切手を手に入れたのだ。

ウサギとカエルが相撲を取っているのだが、カエルがウサギを投げ飛ばしていて、その様子を仲間のカエルたちが眺めている。ほのぼのとした絵で、俺のお気に入りの切手だった。

俺には絵心がないので無理だったが、鳥獣戯画のような絵を描けたらきっと楽しいだろうなと思ったものだった。

最近はiPadの鳥獣戯画のアプリをダウンロードして、たまに鳥獣戯画の絵を眺めては癒やされていた。

鳥獣戯画 – JUGEND

いつか本物を見てみたいと思っていたんだけど、上野にある東京国立博物館の特別展示室で公開されることを知った。

全4巻のうち前半部分は2015年4月28日(火)から5月17日(日)まで、後半部分は5月19日(火)から6月7日(日)まで展示されるそうだ。

特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」

これは楽しみだな。