今日は仕事帰りにセブンイレブンに寄ってきた。
目的はマイナンバーカードを使って住民票の写しを取得すること。
画面の指示に従ってマイナンバーカードを置いたり、ボタンを押したりしたら簡単で発行できた。
手数料は200円。

住民基本台帳カードのときもそうだったけど、マイナンバーカードなんか使用する場面がほとんどない。運転免許証を持っていれば本人確認ができちゃうし。
まあコンビニで簡単に住民票の写しを簡単に出せるのなら、マイナンバーを持っているのも悪くないなと初めて感じることができた。

今回、住民票が必要だったのは今住んでいるところの正しい住所を知りたかったから。
近いうちに初めて、ふるさと納税をしようかと思っている。
楽天で品物を選んでいるときに、注意事項をよく読むと「※ふるさと納税に寄付をお申込みいただく際には、必ず、住民票に記載されているお名前とご住所を注文者情報としてご登録ください。」とあった。

荷物が自宅に届くための住所はもちろん知っているけど、住民票に記載されている住所なんて正確には知らなかった。コンビニから自宅に帰り、住民票の住所を無事に確認することができた。

しかし、住民票に記載されている住所はマイナンバーカードに記載されている住所と全く同じだということにも気づいてしまった。
よく考えてみれば当たり前だよな。

ということで本日は無駄な手数料200円を出費してしまった・・・