49歳になって始めたのが、絵を描くこと。

幼稚園にいたときから絵を描くのが苦手で、いつまでたっても2〜3歳児のような絵しか描けない。

英語の勉強も最近始めているが、これは継続していけば何とかなりそうな気がするんだけど、絵はどこから始めたらいいかも全くわからない。

とりあえず図書館からボールペンで描くイラストの練習帳みたいな本を借りてきて、それを見ながらノートにイラストを描いている。
練習帳にある単純なイラストと同じものをノートに描いているつもりでも、出来上がりを見ると全く違う。
自分でも笑ってしまうほど、下手くそなんだよなあ。
まあ子供のころから絵を描くという習慣がなかったから、丸や四角を描くだけでもなんかバランスが悪いんだと思う。

この先、60か70ごろまで生きていくのかはわからないけど、いつか人に見せられるぐらいになりたいとは思う。

(Google Translation)

I started painting when I was 49 years old.

I haven’t been good at drawing since I was in kindergarten, and I can only draw like a 2-3 year old child.

I’ve started studying English recently, and I think it’s quite likely if I continue to do this, but I don’t even know where to start painting.

For the time being, I borrowed a book like a practice book for illustrations drawn with a ballpoint pen from the library, and while looking at it, I draw illustrations in my notebook.

Even if i Intend to draw the same simple illustration in the exercise book in my notebook, it will be completely different when I look at the result.

I’m so bad that I laugh at myself.Well, I haven’t had a habit of drawing pictures since I was a kid, so I think that just drawing circles and squares isn’t well-balanced.

I don’t know if I’ll live up to around 60 or 70 in the future, but I’d like to be able to show it to people someday.