夜の居酒屋バイトが終わり、まかないを食べていると社員の人が少し言いにくそうに切り出した。
俺は月~金の毎日勤務しているのだが、週1日休みを入れさしてもらうということだった。

俺は思わず笑顔で「それはありがたいです!」と言ってしまった。
このバイトの面接時に6月以降は毎日入れられないかもしれないとは聞いていたのだが、すっかり忘れていた。
何故、笑顔になってしまったかというと、さすがに昼夜毎日バイトをして、さらに最近始めた在宅の仕事をしていると結構疲れる。
特に夜のバイトは5時間近くも勤務するので、終わって家に帰るとそれなりに疲れる。
ここまで働くならもっと金を稼げるプログラマーの派遣でもやってたほうが良かったかもなんて思っていたところだった。
まあ、プログラマーの仕事をしていると家でドロップシッピングやアフィリエイトの作業をする気がしなくなりそうだから、バイトは声を大きく出したり、体を動かす仕事をしようと思っていたんだけど・・・。

でも、何事もリスクは分散しておいたほうがいいなと実感した。
もし、最近在宅のバイトを始めなければ、今回の居酒屋バイトの勤務日数が減るという話は痛かったと思う。

ドロップシッピングやアフィリエイトも同じだと思う。
1つの商品、1つのサービスだけに頼っていると、その商品が売れなくなったとき、そのサービスが終わってしまったとき、非常に痛い思いをする。
1つ1つの成果は少なくてもいいから細かく色んなところから稼げるようになりたいものだ。